“素材”にこだわった、エコで丁寧な暮らし

大量生産大量消費の時代が今見直され、プラスチック問題や海洋汚染が問題視されています。今こそ身近な”素材”にこだわった商品選びをしていきませんか?
使うものの”素材”にこだわることでより丁寧な暮らしができるはずです。

大量生産大量消費の時代を紐解く

現在、あらゆるものが大量生産大量消費されていて、人類は便利で快適な暮らしをしています。しかしその反面、便利さが地球環境を次々と壊し、自然環境のバランスを乱しています。
年々上がる気温は地球の温暖化、海洋汚染や二酸化炭素濃度の増加など様々な環境問題につながっています。
大量生産が可能なのは石油から作られる合成繊維やプラスチック製品は生活の中で身近に使われています。安価に手に入る商品、ファストファッション、食品パッケージなど様々なシーンで私たちは大量消費と関わっています。

これらの石油製品はゴミとして捨てられ、生分解できない素材なために燃やすことで化学物質が大気中にひろがり、また海洋ゴミは魚たちが大量に飲み込むことにより生態系が崩れたり、様々な地球環境問題が起こります。

合成繊維って何?

大量生産される合成繊維はポリエステルやナイロン、アクリル、ポリウレタンなどがあります。シワになりにくかったり、型崩れしない、価格が安いこともありほとんどの洋服や物には使われています。生分解できない素材です。

天然繊維って何?

昔から使われている天然繊維とは絹や麻、コットンや羊毛など植物や動物由来の繊維です。天然由来の繊維は丈夫で長持ち、吸湿性や保温性が高い素材です。肌への負担が少ないメリットもあるため、洋服やリネン、タオルなどを選ぶときにはおすすめです。

合成繊維が主流な今、天然繊維は値段はそれなりに高いですが、丈夫で長持ちするのでコストパフォーマンスは悪くないです。
天然繊維を選ぶことで、丁寧な暮らしを心がけることもできるのでおすすめです。

身の回りのものの素材にこだわって

身近なものから素材にこだわった選び方をするのはいかがでしょうか?amasiaでも素材にこだわったプロダクトを様々ご用意しているのでご紹介しましょう。

  • ボディタオル

  • LifoPlus ミットクラシック
    ボディタオルは肌に優しい天然素材で洗うことで肌を傷つけず、乾燥も防げます。
    コットンとヘチマの2wayのボディ用スポンジなら部位によって使い分けができるのが嬉しい!
    皮膚が薄いところにはコットン面、肘や膝、かかとなどの皮膚の熱い部位はヘチマ面でしっかり汚れを除去。

    Aran Stitches ボディタオル オーガニックコットン
    しっとり柔らかなオーガニックコットンは敏感肌も優しく洗えるのが◎。しっかりあわ立てて優しく洗うことで、汚れもしっかり落としながらも肌にしっとり感を与えてくれます。

  • タオル

  • 天衣無縫 スーピマレジェ フェイスタオル (WH)
    柔らかさ、軽さ、手触り感と今まで手にしたことのないような感覚のオーガニックコットンタオル。とても贅沢なタオルは汗や水分をしっかり拭き取ってお肌にもとても優しい。一度使ったら虜になるでしょう。

    天衣無縫 スラブガーゼボーダー バスタオル(BR)
    ガーゼとパイルの軽い感触のタオル。100%オーガニックコットンのバスタオル。天然染色がとても可愛いボーダーで見た目も使い心地もとても良いです!

  • キッチン用品

  • Le Chene& Le Roseau ベジタブルスポンジ 3個入りパック
    再生木材からつくられたセルロースを主原料としたエコロジカルな家庭用スポンジ。植物素材のため、コンポストで土に還ります。

  • スキンケア・オーラルケア用品

  • SISIFILLE フェイシャルコットン
    直接肌に触れるコットンはオーガニックコットンがおすすめ!本来のコットンのフワフワ感が肌に触れたときに気持ちが良いのでスキンケアの時間が楽しくなりそうですね。
    化粧水をたっぷり含ませてコットンパックにもおすすめです。

    HYDROPHIL サスティナブル トゥースブラシ ナチュラルミディアム
    モウソウチクと呼ばれる竹で作られたサスティナブルな歯ブラシ。色や固さも豊富です。

  • 生理用品

  • SISIFILLE 生理用ナプキン21CM ふつうの日用
    生理用品のほとんどは化学繊維素材が多いですが、まぶたほどのデリケートな部分にはオーガニックコットンの生理用品がベスト!身体を冷やさず、優しい肌触りは整理中の不快感から解放してくれます。

    素材を見直しすだけで暮らしがちょっとだけ丁寧に

    大量生産・大量消費が当たり前のこの時代。使うものの素材を見直すだけで生活がちょっとだけ丁寧に扱うことを意識するでしょう。
    これからは素材や物を大切にしていく時代になっていく気がします。
    あなたも今からそんな生活を始めてみてはいかがでしょうか?

    環境に配慮する「エコ活」しませんか?

    7月1日スタート!「レジ袋有料化」から考える地球環境問題

    毎日使うものだからこそこだわりたい自然派「洗剤」

    最新記事

    今から始める秋前のヘアケア対策

    夏の紫外線、汗、皮脂が秋の抜け毛やダメージの原因になることはご存知ですか? 秋は一年の中 […] ……続きを読む

    敬老の日に送りたい「オーガニック」な贈り物

    2020/09/21は敬老の日。毎年何をプレゼントしようか迷っていませんか。 シルバー世 […] ……続きを読む

    コロナストレス..アロマで解決しませんか?

    子供も大人も少なからず感じているコロナ禍のストレス。眠れなかったり、イライラしたり、不安 […] ……続きを読む

    “素材”にこだわった、エコで丁寧な暮らし

    大量生産大量消費の時代が今見直され、プラスチック問題や海洋汚染が問題視されています。今こ […] ……続きを読む

    このページのTOPへ