グレープフルーツ精油の効果・効能

ダイエットにも役立つ甘酸っぱいさわやかな香り

柑橘類なのに「グレープ」フルーツという名称がつけられているのは、ブドウの房のように果実をつけることが由来にとされています。グレープフルーツの学名には「楽園の柑橘類」という意味があり、楽園に居るかのような明るい陽気な気分にさせてくれるフレッシュな香りの精油です。精油が果皮の深い部分に含まれているため、他の柑橘類よりも圧搾して採れる精油の量が少ないです。
グレープフルーツの香りには、交感神経を活発にして体脂肪の分解を促進したり、老廃物を排出したりする作用があることからダイエットのサポートにも役立ちます。グレープフルーツ精油には光毒性といって、精油をつけた部分を紫外線に当てるとシミや赤みや腫れを伴う場合があるため、使用直後に紫外線に当たらないようにする必要があります。

基本データ

学名 Citrus paradisi(キトルス・パラディッシ)
和名 グレープフルーツ
科名 ミカン科
採油方法 圧搾法
抽出部位 果皮
主な産地 イスラエル、アメリカ、ブラジル、アルゼンチン
主な芳香成分 モノテルペン炭化水素類:リモネン(95%~)、ミルセン(~3%)、α-ピネン(~1%)、サビネン(~1%)
アルデヒド類:シトラール(~1%)、シトロネラール(~1%)
ケトン類:ヌートカトン(~1%)
フロクマリン類:ベルガモッチン(~1%)、ベルガプテン(~1%)
主な作用

心への効能

さわやかな香りによって気持ちを明るく元気に高揚させる作用があります。幸福感を与え、落ち込んだ気持ちや不安感、緊張感を和らげる効果が期待できます。前向きな気持にしたいときやどんよりとした気分をリフレッシュさせたい時にぴったりです。

身体への効能

グレープフルーツ精油の特徴的な芳香成分であるヌートカンには、食欲を抑える効果や体脂肪を分解し燃焼するホルモンの分泌を促す効果があります。また、血行やリンパの流れを良くして余分な水分や老廃物を排出する働きがあるため、むくみや肥満、セルライトの解消といったダイエットに嬉しい効果があります。

肌への効能

余分な皮脂の分泌を抑えて肌を引き締める作用があるため、ニキビや毛穴の開きの改善が期待でき、キメの整った美しい肌へ導きます。消臭効果があることから、デオドラントケアに用いることができ、体臭の予防にも使用できます。

関連するアロマ(精油)

グレープフルーツ配合オーガニックボディ&ヘアケア商品


  • EO
    エッセンシャルオイル(グレープフルーツ)【OUTLET】

    オーガニックもしくはワイルドクラフトの植物から抽出したピュアで香り高いグレープフルーツのエッセンシャルオイルです。


  • La Fleur
    オーガニックエッセンシャルオイル グレープフルーツ 3ml

    日本で初めてECOCERT(エコサート)認定を取得した、オーガニックエッセンシャルオイル。爽やかな中に苦みを感じる柑橘系の香り。


  • PIPPER STANDARD
    多目的洗浄剤 500ml スプレー (グレープフルーツ)

    パイナップル発酵液がご家庭内の様々な場所や表面をキレイに洗浄。スプレーした後、乾いた布で拭き取るだけ。


  • CARE OF GERD
    クラウドベリーシャンプー ボリューム

    地肌を清潔にし血行促進してくれるシャンプー。ボリュームが欲しい方におすすめ。マンダリンオレンジ、グレープフルーツのシトラスの香り。


  • alba BOTANICA
    ハワイアン ボディスクラブSS シーソルト

    シーソルトをベースに南国植物オイルを配合したボディスクラブ(98%オーガニック)

グレープフルーツ の香りが楽しめる。グレープフルーツの精油が配合されているオーガニックボディケア・ヘアケア・シャンプーはこちら

ご注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。アロマオイル(精油)について書かれていることについての免責事項・ご注意事項について。


最新記事

女性の不調、からだの『温め・温活』で和らげませんか。

冷えは万病のもとと昔から言われていますが、「内臓や末端の冷え」は女性特有の不調に繋がって […] ……続きを読む

脱プラスチック!注目素材の”竹”でサスティナブルな生活を

持続可能な社会のために「脱プラスチック」をすすめる動きが世界で広まっています。そんな中、 […] ……続きを読む

おウチ時間にアロマ(精油)を、香りがもたらす良質時間

日常の質を向上させる可能性がアロマにはあります エッセンシャルオイルは、植物が本来持つ効 […] ……続きを読む

免疫力を上げる方法とインナーケアアイテム

感染症にうち勝つためには身体の内側からケアしていく「インナーケア」が大切です。日々の習慣 […] ……続きを読む

このページのTOPへ