マスク×熱中症対策 暑い夏の今こそ考えよう

感染症対策のためにこの夏はマスクをして過ごすことも多く、熱中症の危険にさらされています。
対策しながらも熱中症の危険を回避する方法を考えていきましょう。

感染症対策に必要なマスク

感染症予防のためにマスクの着用が欠かせなくなっています。自粛解除とはいえ、様々な場所で人と関わることも増えてきているので、感染予防のためにもマスクをすることは当たり前になってきていますね。

花粉症や風邪予防のために冬〜春にかけてマスクをするのには慣れている私たちも、夏にマスクをすることは今まであまり経験のないことですよね。気温が高くなってくるこの季節、熱中症の危険も考えながら対策していくことが求められます。

夏マスクで考えられる危険

夏マスクには実は様々な危険が付いてきます。感染症以外の健康被害を受けないためにも危機管理をして対策をしていきましょう。

  • 呼吸がしづらい
  • 喉の渇きを感じにくい
  • 二酸化炭素増加
  • 呼吸数が上がる
  • 熱中症

前例のない夏マスクでの人体への影響はこれからますますほかのリスクが出ることも考えられるでしょう。

熱中症の危険信号を知る

熱中症は高温多湿な環境下で起こりやすい症状なので、夏マスクは熱中症へのリスクはとても高いです。熱中症の危険信号を見逃さないためにも知っておきたい症状をご紹介します。

・めまいやほてり
・体のだるさや吐き気
・体温が高い、皮膚の異常
・水分補給ができない
・筋肉痛や筋肉の痙攣
・汗の異常
・呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

できることからはじめる夏マスク対策

危険を回避しながら少しでも快適な夏マスク生活を送る方法を考えていきましょう。

・マスクは適宜外す
・人との接触やすれ違いがない場合はマスクを外す
・感染症予防しながらも通気性の良い素材のマスクを選ぶ
・クール系スプレーをマスクに吹きかける
・エアコンの設定温度を下げる
・涼しい場所を選ぶ
・水分をいつもより多く取る
・運動する際は人の少ない場所を選び、マスクを外す

北海道和ハッカ ボディミスト COOL+ 100ml
植物由来で消臭効果もあるスプレー。スプレーした瞬間にクールな爽快感を味わえる。

SAFE CARE リフレッシングオイル ロールオン 10ML
5種類の天然精油をブレンドした持ち運びに便利なロールオンアロマオイル。
マスクで蒸れる顔周り、こめかみや喉、首などに塗るとスッキリリフレッシュできる。

日々の健康管理をしながら感染症と熱中症予防を

毎日の検温は当たり前になってきましたし、自分の体調と向き合うことも以前より注意深くなってきてはいると思いますが、これからの季節はさらに健康管理をしっかりしていきましょう。
今まで以上に無理せず自分の体と向き合うことが必要ですね。
日々の心がけにより、免疫力に打ち勝つ体づくりをすることも重要です。

・1日3食バランスの良い食事
・発酵食品を多く取り入れる
・体を冷やさないようにハーブティーなどで体の中から温める
・適度な運度をする
・お風呂に浸かって代謝を上げる
・質の良い睡眠をとる
・無理をしない

できるだけ身体がリラックスした状態を1日の中で作ることも大切です。アロマテラピーは効果的で、芳香浴やアロマバス、枕元に香らせるなど取り入れてみるのもおすすめですよ。

PERFECT POTION ブリージングスペースルームスプレー 100ML
レモンとユーカリでスッキリ爽快なルームスプレー。気軽にアロマテラピーを楽しめます。

LA FLEUR オーガニックエッセンシャルオイル シダーウッド・アトラス 3ML
シダーウッドの香りはまるで森林浴をしているような香りでリラックスできます。

マスク×熱中症対策で快適生活を


今まで経験したことのない新しい生活様式に戸惑いながらも、健康な生活を送るために少しづつできることから始めましょう。夏マスクの危険性を考慮しながら、感染予防もしっかりしていける対策を考えていきませんか。

今こそ考え直す生活の中の「除菌」対策とは?

手洗いから保湿まで、正しいコロナウイルス対策、感染予防と手荒れ予防。

最新記事

今から始める秋前のヘアケア対策

夏の紫外線、汗、皮脂が秋の抜け毛やダメージの原因になることはご存知ですか? 秋は一年の中 […] ……続きを読む

敬老の日に送りたい「オーガニック」な贈り物

2020/09/21は敬老の日。毎年何をプレゼントしようか迷っていませんか。 シルバー世 […] ……続きを読む

コロナストレス..アロマで解決しませんか?

子供も大人も少なからず感じているコロナ禍のストレス。眠れなかったり、イライラしたり、不安 […] ……続きを読む

“素材”にこだわった、エコで丁寧な暮らし

大量生産大量消費の時代が今見直され、プラスチック問題や海洋汚染が問題視されています。今こ […] ……続きを読む

このページのTOPへ