蜜蝋ラップの使い方とアイディア

蜜蝋ラップとは?


ミツロウは蜂の巣から採取したロウのことです。蜂蜜を採った後に残るものに熱を加えることで採取されます。天然のワックスで独特の甘い香りのするミツロウは、化粧品やキャンドルなどに使われることが多いです。

布を蜜蝋でコーティングしてできたのが「蜜蝋ラップ」です。蜜蝋ラップは変形するのが特徴で、お皿をぴったり包んでくれたり、食材の保管などにも便利です。また、洗って繰り返し使えるので、プラスチックフリーでエコなので、サスティナブルな社会へと貢献できるのも良いですね。
蜜蝋ラップを詳しくご紹介させていただきますね。

蜜蝋ラップのメリット

①環境にやさしい
蜜蝋ラップは環境に優しいメリットがあります。食品用ラップはプラスチックゴミの中でもリサイクルが難しいとされています。また、使い捨てることがほとんどなのでプラスチックゴミ問題にも繋がります。
蜜蝋ラップは洗って繰り返し使えるので、ゴミも増えません。サイズも様々なので、食品やお皿の大きさによって何枚が用意しておくと便利ですよね。

②食品の鮮度が保たれる
抗菌、防腐作用があるミツロウ。その効果は蜜蝋ラップのメリットの一つです。食材や食品が長持ちするからです。新鮮な状態を保つことができるので、使いかけの野菜などの保管にも蜜蝋ラップは役立ちます。鮮度を保つことができるため、食品ロス削減にも繋がります。

③何度も使えて経済的
洗って、乾かして繰り返し使える蜜蝋ラップはとても経済的です。一回ごとに捨てずに半永久的に使い続けられるのです。ミツロウは厚みもあって丈夫な作りなので、破れたりすることも少ないも◎ですね。
使い捨てのラップを使い続けるよりも蜜蝋ラップは経済的ですね。長期的に考えると断然お得です!

④好きなデザインが選べる
蜜蝋ラップの特徴として、好きなデザインを選べるのも楽しいですよね。使い分けするのにも便利で、お気に入りの柄をみつけてみましょう。また、蜜蝋ラップは手作りもできるので、自分のお気に入りの布を蜜蝋ラップにするのもおすすめですよ!

⑤土に還る
綿の布、蜜蝋からできている蜜蝋ラップ。天然素材からできているので、使用しなくなったら土に還るのもエコですね。土の中でぼろぼろに分解されてゴミも増えません。堆肥にもなるので、資源となります。

蜜蝋ラップのデメリット

蜜蝋ラップのデメリットにも触れておきましょう。全ての食品に向いているというわけではないので、食材や使う用途によって使い分けをしてみてください。

①熱に弱い

蜜蝋ラップは熱に弱く、60度以上の高温になるとミツロウが溶けてしまいます。熱いものや電子レンジでの使用、食洗機などには蜜蝋ラップは避けましょう。
また、冷凍も蜜蝋ラップの劣化を早めてしまうので、不向きです。

②生肉、生魚の保存には適さない

雑菌が繁殖しやすい生肉、生魚などの動物性タンパク質に蜜蝋ラップはNGです。中性洗剤の使用も推奨されていないので、不衛生になってしまいます。

③強酸性の食材には不向き
蜜蝋ラップは酸で劣化しやすくなります。特に酸の強いレモンやライムなどの柑橘系での使用は避けましょう。

④中身が確認しづらい
かわいいデザインが多い蜜蝋ラップですが、食品用ラップのように透明でない為、中身が確認しづらいことがあります。

手作りもできる

蜜蝋ラップは自宅で簡単に手作りすることも可能です。気に入った布で、自分好みの使いやすい大きさの蜜蝋ラップが簡単に作れるので、ぜひトライしてみてくださいね。

用意するもの

・布(綿100%) 糊付けされていないものを選びましょう
・クッキングシート
・ミツロウシート

作り方

1, アイロン台に新聞紙を厚めにひいておきます。その上にクッキングシートをのせ、布を置きます。
2,ミツロウシートは簡単にちぎれるので、布の上にちぎったミツロウを散らします。
3,さらにその上にクッキングシートを置き、中温のアイロンで熱を与えていきます。あまりアイロンを動かさずじっくりとミツロウを溶かしていきます。熱で溶けたミツロウは布にじんわりと浸透していきます。
4,表面が均一になったらクッキングシートを外して1分ほど乾かして完成です!

使い方とアイディア

蜜蝋ラップは食品や食材を包むほか、アウトドアでの器のとしての役割や持ち歩きにも便利です。
固さと柔軟性があるので折り方によっては器がわりにもなります。アウトドアやピクニック、持ち寄りなどでゴミをできるだけ増やしたくない時にとっても便利ですよ。
また、おにぎりやサンドウィッチを包むのにも◎で、抗菌作用もあるので、安心して持ち歩きができますね。

おすすめ蜜蝋ラップ

abeego ビーズワックスラップ-ラージ 2枚セット
サンドウィッチや大きめの野菜を包むのに最適な蜜蝋ラップ。食品の鮮度を保つことができます。繰り返し使えて環境にも優しいですね。

abeego ビーズワックスラップ-スモール 6枚セット
半分にカットした野菜やお菓子を包むのに便利な大きさの蜜蝋ラップ。形を作って器として使うのもおすすめです!

蜜蝋ラップでエコな暮らし

蜜蝋ラップを知らなかった方も関心が深まりましたか?
普段、使い捨てに大量に破棄していた食品用ラップに蜜蝋ラップも加えることで、エコな暮らしにも繋がります。
サスティナブルな生活のために蜜蝋ラップをぜひ生活の中に取り入れてみてくださいね!

最新記事

7月29日は一粒万倍日と天赦日と母倉日と大安が重なる最強 開運日 !運気アップのための過ごし方

一年に数回あるとされている最強 開運日 。2024年は4日あるとされ、そのうちの一つが7 […] ……続きを読む

4大ゲート

ライオンズゲートだけじゃない。宇宙からのエネルギーを受け取るための 4大ゲート とは

7月下旬から8月上旬にかけて開くといわれるライオンズゲート。一年のうちでも最も大きい宇宙 […] ……続きを読む

プラスチックの蓋の集合

「 プラスチック ・フリー・ジュライ」でエコ チャレンジ!身の周りのプラスチック製品を見直してみる

プラスチック ・フリー・ジュライ(Plastic Free July)という言葉をご存知 […] ……続きを読む

デオドラントのイメージ

暑い夏を快適に過ごしたい!オーガニック制汗剤& デオドラント で汗ばむ季節のニオイケア

暑くなってくると気になるのが自分のニオイ。汗をかきやすい部分のニオイは特に気をつけたいも […] ……続きを読む

このページのTOPへ