オーガニックコットン生理ナプキンのすすめ |ケミカル系の生理ナプキンを使い続けると起きる不調になる?

生理用品、何を使っていますか?

女性は毎月やってくる生理。生理用ナプキンやサニタリーアイテムなど様々売られていますが、あなたはどんな生理用品を使っていますか?

・使い捨てナプキン

生理用品で最も一般的な使い捨て生理用ナプキン。経血の量や使うシーンによっても大きさや厚み、素材の違いなど自分に合ったナプキンが手軽に手に入ります。吸収力が抜群なものも多く、素材はポリマーやコットン、オーガニックコットンなど幅広く選べるようになりました。

・布ナプキン

布でできた洗って繰り返し使えるナプキン。生理中はデリケートゾーンのかぶれや痒み、ムレや生理痛などに悩んでいる女性におすすめなやさしいつけ心地です。
長時間のナプキンの使用は実は冷えや生理痛を引き起こしている可能性もあります。コットン性の布ナプキンならそんな悩みも解決できるはずです。また、繰り返し使えるので、サスティナブルな社会への取り組みとしても環境に配慮されています。

・タンポン

膣に直接挿入して経血を吸収する生理用品です。スポーツや長時間トイレにいけない場合にも安心し痒みを引き起こす場合もあるので注意が必要です。

・月経カップ

ナプキンやタンポンの代替えとして繰り返し使える挿入型生理用品です。
医療用シリコーンでカップ状になっていて、膣内に挿入して使います。長時間使用できるのと、ナプキンやタンポンではわかりずらい経血量をチェックできるので、自分の身体の状態を知るのにもおすすめです。
また、身体にも地球にも優しく、生理中も快適に過ごせます。

・吸水ショーツ

ナプキンなしで過ごせる吸水ショーツも生理用品の一つです。ショーツ自体が経血を吸収してくれたり、消臭効果もあるため普段と変わらない生活が送れます。洗って繰り返し使えるし、エコで快適なので近年注目されています。

経皮吸収と生理用品の深い関係

身体の中でもダントツに経皮吸収しやすいのが陰部です。また、陰部の皮膚は薄いですよね。
最近、年間で長時間使用する生理用品が見直されています。石油系素材でできている多くの生理用品は有害物質が多く含まれていて、経皮吸収しやすい陰部から身体に影響することもあると考えられています。
特に子宮周りに影響を与え、生理痛や妊娠、女性特有の病気にもつながりかねません。(実際にナプキンの見直しをした女性が体の不調改善になった例もたくさんあるようです)

歴史の中で見る生理用品

明治時代あたりまでは布や和紙を生理の時は使用していました。布がずれないようにする「月経帯」と呼ばれるT字の押さえる布もありました。その後、脱脂綿が医薬品として普及後は生理時に使われ始めました。

長い歴史の中で、生理ナプキンという製品が流通し始めたのは最近のことで1960年台です。欧米では40年ほど前からナプキンは存在していたようですが、当時日本では生理の話題がタブー視され流風潮もあり、開発がかなり遅れたと言われています。
日本で初めての紙ナプキンは紙綿製の厚ぼったいシートで下着に接着テープで貼るタイプでした。
この頃から生理に対する見方や変革が大きく変わりました。

1970年代に起きたオイルショックでは紙不足が起こり、生理用ナプキンにも大きな変化が訪れました。この頃、高分子吸収剤(吸収性ポリマー)を用いた生理用ナプキンが登場して大幅なコストダウン、吸収力の高さ、ずれにくさなど女性の生理が少しづつ快適なものになってきました。

近年では生理用ナプキンも長さや厚み、素材など様々変化し続けています。

市販の生理ナプキンを使い続けると起こりうる弊害

生理用ナプキンが安価で使いやすくなってきた反面、ほとんどの生理用ナプキンに使用されている素材は実は石油系素材がほとんどです。高分子吸収ポリマー、デオドラント剤、パルプなど様々な化学物質が入っています。直接肌に触れるものですし、特に膣周りは皮膚も薄く、経皮吸収しやすい箇所です。一生のうちの生理期間を考えると毎月使う生理用品に化学物質が使われているナプキンを使い続けることは少し不安点も多いですね。

商品紹介

sisiFILLE 生理用ナプキン29cm羽つき (特に多い日用)
植物由来のセルロースパルプがしっかり経血を吸収してくれます。十分な長さ、幅広なので多い日や就寝時も安心です。肌が直接増えるシートはオーガニックコットン100%使用しているので安心して使えます。

sisiFILLE 生理用ナプキン21cm ふつうの日用
パッドにエンボスラインがあるので、よれや漏れも気にならないオーガニックナプキンです。

sisiFILLE おりもの専用シート
無漂白のオーガニックコットンを使用していて肌触りもやさしいおりもの専用シート。使う期間が長いからこそ安心したものを選びたいですね。

毎月起きる生理用品を見直してみませんか?

女性の生涯40年ほどは付き合っていく生理。毎月の事だからこそうまく生理と付き合っていきたいものですね。
生理用品のチョイスできる幅が広がったことや、不調の原因になる可能性があることを考えると、毎月使う生理用品の見直しもしてみても良いでしょう。
身体や精神的な不調を抱える前に今こそ生理用品の見直しをしてみてはいかがですか?

最新記事

更年期に悩む方必見!アロマテラピーは心と身体の救世主!

ページコンテンツ(目次)1 更年期とは?2 つらい更年期対策3選2.1 ①食事2.2 ② […] ……続きを読む

オーガニックコットン生理ナプキンのすすめ |ケミカル系の生理ナプキンを使い続けると起きる不調になる?

ページコンテンツ(目次)1 生理用品、何を使っていますか?1.1 ・使い捨てナプキン1. […] ……続きを読む

コールドプロセス石鹸とは?肌に優しい石鹸のメリットとこだわり製法を徹底解説

ページコンテンツ(目次)1 固形石鹸使っていますか?2 固形石鹸のメリット3 コールドプ […] ……続きを読む

あなたの月星座知ってる?月星座と身体の関係

ページコンテンツ(目次)1 月星座とは2 あなたの月星座は?2.1 ▼月星座を調べる3 […] ……続きを読む

このページのTOPへ