新しい命を授かったお祝いに。妊婦さんに贈る「妊娠祝い」という新しいカタチ

「 妊娠祝い 」や「ご懐妊祝い」という言葉。あまり聞き慣れないかもしれませんが、ここ最近では、友人や家族の妊娠がわかった時にお祝いを渡すことが増えているそう。「赤ちゃんを授かりました」という報告はおめでたく、幸せを分けてもらったような気持ちになりますよね。幸せのおすそ分けのお礼とおめでとうのお祝いも込めて贈りたい、妊娠祝いにぴったりなアイテムをご紹介します!

妊娠祝い

新しいお祝いのカタチ「 妊娠祝い 』とは?

赤ちゃんにまつわるお祝いで、広く知られているものの一つに「出産祝い」があります。赤ちゃんが生まれたことをお祝いし、ギフトなどを贈るのが「出産祝い」ですが、ここ数年は生まれる前、妊娠がわかったときにお祝いを贈る「 妊娠祝い 」が増えてきているといいます。

仲の良い友達やお世話になった人から妊娠の報告を受けたらうれしい気持ちになりますよね。妊娠の大変さを思えばこそ、大切な人の妊娠がわかったタイミングでおめでとうという気持ちとともに、応援、励ましの意味を込めて、ちょっとしたギフトを贈りたいと考える人が多いようです。

アメリカでは妊娠7〜8ヵ月の頃に、友人や知人、家族、親族などが集まって安産祈願をするベビーシャワーというパーティーを開く文化があります。このパーティの名前の由来は「妊婦さんや、これから生まれてくる赤ちゃんやに、愛情をシャワーのようにたくさん愛情を注いでお祝いしよう!」ということから。とっても素敵ですよね。日本でも、有名人がベビーシャワーを行う様子をSNSなどで発信していたりするので、ご存知の方や、すでにご自身でパーティーを開かれたことがある方も多いかもしれませんね。

「 妊娠祝い 」を贈るときに気をつけたいこと

おめでとうの気持ちを伝えたい!とは思うものの、妊婦さんにはいろいろセンシティブな側面があるため、何を贈っていいか迷う人もいるかと思います。そこで「妊娠祝い」を贈るときに気をつけたいポイントをお伝えします。

・妊婦さんの体調を第一に考えて安定期に贈る

妊娠初期は流産等のリスクが高かったり、つわりで体調がよくなかったり。妊婦さんの体調は日々変わります。お祝いを贈るなら、体調が比較的落ち着く安定期(妊娠5ヵ月目以降7ヵ月目くらいまで)に贈るようにしましょう。

・妊婦さん自身が使うものを選ぼう

妊娠を祝う、妊婦さんを励まし応援する、といった意味で、妊婦さんが今すぐ使えるものを贈るのがベスト。赤ちゃんのものなどは、妊婦さんのプレッシャーになる場合があるほか、妊娠した人が全員確実に出産できるわけではないため、避けた方がいいでしょう。

・匂いが強いもの、刺激のある食べ物は避ける

妊娠するとそれまで好きだったものが嫌いになったり、匂いに敏感になったり、味覚や嗅覚にも変化があります。匂いが強いものは避けるようにしましょう。また、エッセンシャルオイルを使ったグッズなら大丈夫だろうと考える人は多いかもしれませんが、妊娠中は避けた方がいいものもあるため注意が必要です。
食べ物を贈る場合は、刺激のない、体にやさしいものを贈るのが◎。飲み物を贈る場合はカフェインが入っているものやアルコールはNGです。

注意が必要なエッセンシャルオイルは、こちらも参考にしてみてくださいね。

妊娠中 でも アロマセラピーを楽しむには?使える 精油 と使い方、妊婦さんが知っておきたいポイントを紹介

・予算は3000円〜5000円ほど。事前に確認してから贈る

あまり高額なものだと相手が負担に感じることもあるので、 妊娠祝い として何か贈るなら大体3.000円から5,000円におさまるものを準備するようにしましょう。また妊娠の報告をうけたものの、万が一残念な結果になってしまうことも考えられるため、事前に、 妊娠祝い を贈ってもいいか確認すると安心かもしれません。

「 妊娠祝い 」にぴったりな贈り物とは?

贈る時のマナーやポイントはわかったけれど、何がいいか悩む人は、こちらを参考にプレゼントを考えてみてはいかがでしょうか。

肌触りのよいタオルやブランケット

肌触りのよいタオルに触れるとほっと安心しますよね。妊婦中は肌が敏感になったり、感情がゆらいだりすることが増えます。実用性だけでなく、そんなときにもきっと重宝することでしょう。

着心地のいいルームウエア

出産ギリギリまで働く妊婦さんも多いと思いますが、自宅にいるときは少しでも快適に過ごしたいもの。ゆったりとした着心地のいいルームウェアがあれば、心も体もリラックスして、楽しく幸せな妊婦生活を送れるかもしれませんね。

スキンケア

妊娠すると女性の体は急激な変化をします。その結果、妊娠線という皮膚の割れがお腹まわりに起きることがあります。一度できてしまうと出産後も跡がのこってしまうため、予防をすることが大切です。また、肌が乾燥しやすくなり、かさついたり、かゆみを感じることも増えるのでいつも以上に保湿が欠かせません。ナチュラルな処方のスキンケアアイテムや、妊娠線専用のクリームやオイルなどを贈っても喜ばれるかもしれませんね。

ノンカフェインの飲み物

何回経験しても心配がつきないのが出産。まして初めての出産なら、いろいろ不安になることも多いはず。そんな時のお供として、ノンカフェインのお茶を贈るのも喜ばれそう。ゆっくり淹れて一息つけば不安も薄らいで、ゆったりリラックスタイムを過ごせることでしょう。

あったかグッズ

妊婦さんは妊娠によってホルモンバランスが崩れ自立神経が乱れたり、お腹が大きくなると下半身の血流が悪くなったりすることで体が冷えやすくなります。この冷え、妊婦さんにとっては大敵。体が冷えれば便秘やむくみなどのマイナートラブルにつながることがあるからです。温かい季節であっても油断せず、靴下や腹巻き、レッグウォーマーなどがあると冷えを予防することができるでしょう

amasiaおすすめの 妊娠祝い にぴったりなギフト

ゾネントア MUM TO BE TEA 妊婦さんも飲めるお茶
レモングラスやレモンバームの爽やかな味わいが、おなかの中の赤ちゃんだけでなく、ママにもすこやかな気分をもたらしてくれます。妊娠中も健やかに過ごしたい方にピッタリ。カフェインフリー。

MADE OF ORGANICS マヌカハニー+カモミールスプレー 25ML ミント
季節の変わり目などに調子を崩しても薬を飲めない妊婦さんにとって、救世主となるスプレー。マヌカハニー、レザーウッドハニーとカミツレエキスをキー成分に、効果を追求して厳選された植物成分をブレンド。妊婦さんでも安心して毎日健康ケアをしていただけます。

天衣無縫 スーピマ 腹巻き
繊維1本の長さが35mm以上もある、アメリカの希少な綿花「スーピマコットン」を使用。しっかりよく伸びて締め付けにくく、身に着ける方の体型を選びません。通気性がよく、季節を問わずに一年を通して使えます。冬は季節の寒さから、夏は冷房の寒さから大事なお腹を守ってくれます。

LA FEMME デリケートウォッシュ 150ML
複雑な構造をしているデリケートゾーンは、ササッと洗うだけでは汚れが残ってしまい、ニオイの原因になることも。やさしく洗うだけでなく、13種類の植物エキスがニオイ、美白、保湿なども同時にケアしてくれるデリケートゾーン専用ソープ。妊娠中や産後のデリケートな時期も含め、毎日のバスタイムにご使用いただけます。

スラブガーゼボーダーウォッシュタオル(BR)
手紡ぎ風糸で、ふっくらしわしわの風合いが気持ちいい、ガーゼとパイルを二重織りにしたタオル。薄手でふっくら、洗濯するほどにそのやわらかさを増していきます。乾きもとっても速いので、洗ったそばから使いたくなるタオルです。

BABYBUBA ボディ&マッサージオイル
乾燥を防ぎしっとりバリアするオーガニックボディオイル。品質の高いコスメグレードのオイルを使っているため、肌なじみと手触りがいいのが特徴。生後すぐの赤ちゃんにも使えるため、一緒にスキンケアができるのもうれしい。

MAMA’S CARE 妊娠祝いセット レッグクリーム&スムージングオイル【ラッピング込】
妊娠中から出産まで、日々刻々と変化していく身体と向き合うママたちを、 本気でサポートしたい。そんな想いから 誕生した「ママズケア シリーズ」。下半身の滞りをスムーズにしてくれるレッグコンディショニングクリーム、妊娠中から産後のデリケートな肌のコンディションでも使用できるスムージングオイルのセット。

ギフトとしても自分用としても。今ならキャンペーン中なのでお試しのチャンスです!
https://amasiastore.jp/blogs/news/femecarecampaign

「おめでとう」「ありがとう」と、笑顔があふれる幸せな時間を分かち合おう

個人的な経験ですが、妊娠の報告をしたときのことはとても幸せな思い出として残っています。これまでの人生にないくらいのたくさんの人がよろこんでくれて、ありがとうとおめでとうと笑顔と、ちょっぴりの嬉し涙があって、とてもあたたかで。そんな幸せな時間のそばで、amasiaのギフトがお役に立てたらうれしいです。

最新記事

アルテヤオーガニック

最高級のダマスクローズの恵みを。『 アルテヤオーガニック 』の心まで潤す優雅な香り

ローズの一大産地のひとつ、ブルガリア。そのブルガリアで栽培された最高級のダマスクローズを […] ……続きを読む

日焼け止め

お日さまと仲良く、アクティブな毎日を!正しい 日焼け止め の選び方と使い方をマスターする

気候があたたかくなってくると気になるものの1つが日焼けではないでしょうか。みなさんは 日 […] ……続きを読む

妊娠祝い

新しい命を授かったお祝いに。妊婦さんに贈る「妊娠祝い」という新しいカタチ

「 妊娠祝い 」や「ご懐妊祝い」という言葉。あまり聞き慣れないかもしれませんが、ここ最近 […] ……続きを読む

PMS

つらい PMS (月経前症候群)、みんなはどうしてる? 自分なりの乗り切り方を探そう!

PMS (月経前症候群)は、多くの女性が抱えている共通の悩み。気分の落ち込み、お腹の痛み […] ……続きを読む

このページのTOPへ