環境に配慮する「エコ活」しませんか?

不便な生活が続くと改めて考えさせられるエコな暮らし。明るい未来のためにできるエコな活動を今だからこそ見直すチャンスです。
最近よく耳にする様になった「SDGs」の取り組みで目標として掲げられている中にもある持続可能な環境など地球の未来を考えた目標も掲げています。
未来の地球や子供のためにエコ活で一人一人の意識を高めましょう。
身の回りから始める「エコ活」をご紹介しましょう。

「5R」で資源を大切にする「エコ活」

エコな暮らしには資源を大切にしていくことを考えましょう。
Reduce・Reuse・Recycleを総称した「3R」と呼ばれる言葉はご存知の方も多いのではないでしょうか。
最近ではそれにRを2つ追加して「5R」という理論が注目を浴びています。

・Refuse (リフューズ/不要な物の拒否)
・Reduce (リデュース/ゴミの発生抑制)
・Reuse (リユース/再使用)
・Recycle (リサイクル/再生利用)
・Rot  (ロット/ゴミのコンポスト)

「5R」では、上から優先順番を高く行うべきと言われており、出来るだけゴミを増やさず貴重な資源の節約を目指す目的です。
「5R」の意識が高まることで生産に伴う環境への影響をなくすことにもつながります。
資源を大切にする取り組みは意識を変えることだけで実現していくことなので、簡単な「エコ活」として取り入れてみてはいかがでしょうか。

HYDROPHIL サスティナブル トゥースブラシ ナチュラルミディアム
竹で作られたサスティナブルな歯ブラシ。ブラシ部分にはトウゴマ種子から抽出したヒマシ油由来のナイロンを使用しており、石油製プラスチック不使用で再利用可能。

HYDROPHIL トゥースブラシケース
同じく竹で作られたサスティナブルな歯ブラシケース。軽くて丈夫で持ち運びに便利。

エコバッグやマイボトルの活用をもっと身近に「エコ活」

海洋汚染や動物への影響によりプラスチックの使用が見直されている今、スーパーやコンビニなどでもビニール袋の廃止や有料化が始まっています。
お買い物にはエコバッグを持参することにより「エコ活」は始まっています。
おしゃれなエコバッグを選んだり、風呂敷の結び方を工夫するだけで荷物の持ち運びが簡単にできます。
また、最近ではマイボトルを持参することで料金を割引してもらえるカフェや飲食店も増えています。
ステンレスや竹のストローまで持参すれば「エコ活」のプロともいえるでしょう。

お気に入りのエコバッグやマイボトルを見つけて楽しく「エコ活」できると良いですね。

食器洗いや洗濯にはエコ洗剤を選ぶ「エコ活」

食器洗いやお洗濯、お掃除などで使う洗剤、皆さんはどんなものを使っていますか?
環境にもやさしい自然素材の洗剤を使う事で「エコ活」につながります。
おしゃれなパッケージのものやお気に入りの香りのもの、肌にやさしいもの等も
あるので選ぶのも楽しいですね。

洗剤を使う前に、いらなくなった布や古紙などでお皿の汚れをさっとふき取る一工夫もぜひしてみてください。
洗剤を効率的に使うことができて、環境だけでなくお財布にもやさしいです。

Le chene & le Roseau ディッシュウォッシング500ml
天然由来成分99.4%のフランス生まれの食器用中性洗剤。環境にも配慮した製品に与えられるECOCERTナチュラル洗剤認証取得。

PiPPER STANDARD 衣類用洗剤900ml ボトル 本体(レモングラス)
パイナップルから生まれた、ナチュラルでありながら、驚くほどパワフルな洗剤。水切りに優れているためすすぎは1回で済むため、水の節約にもつながります。

移動手段を見直す「エコ活」

様々な場所へ行く際に移動手段は何を使いますか?
世界中の外出自粛によりCO2の排出が極端に下がったことで、空気の色が変わった国の映像がテレビやニュースでも流れていましたね。車から出る排気ガスによる環境汚染がどれだけのことだったのかを目で見て感じました。
車も低排出ガス車やハイブリッドカー、電気自動車など身近になってきましたが、車移動はまだまだ環境問題に直接関わってきています。
近場であれば徒歩や自転車を利用したり、車や自転車のシェアリングサービスを利用するのも「エコ活」につながります。

電気会社自由化を活用する「エコ活」

電気会社を自分で選べる様になった今、原発に頼らない風力や太陽光などの自然エネルギーを利用したエネルギー選びをすることも「エコ活」です。手続きが簡単な電気会社の自由化は料金だけでなく未来の地球や子供のことを考えて選ぶ一人一人の心がけによって変わっていくことでしょう。

フリマサイトは実は「エコ活」

多くの利用者がいるフリマサイトは実は身近な「エコ活」です。不要になったものを必要な人に売るというのは「リユース」につながりますね。捨てればゴミですが、ゴミにしないために売る、簡単に売買できるフリマサイトは今後も利用客が増えることでしょう。

季節を感じながらガーデニングで「エコ活」

生活の中に植物を取り入れることは身近な「エコ活」の一つでもあります。旬の野菜やハーブなど育てれば、食事やリラックスタイムに取り入れられて、豊かな暮らしにつながります。
グリーンカーテンは室内の温度の上昇を抑えてくれるので、無駄なエネルギー消費をしません。
また、お部屋に植物を置くことで空気清浄の役目も果たしてくれます。

気軽に「エコ活」始めませんか?

「エコ活」と聞くと難しく考えたり、めんどくさそうと思いがちですが、実は普段の生活の意識を少し変えるだけで立派な「エコ活」は始められるのです。
未来の地球や子供たちのためにできることから始めてみませんか?

衣食住で見るエコライフ

毎日使うものだからこそこだわりたい自然派「洗剤」

やっぱり石鹸が好き!石鹸に関するあれこれ

最新記事

【スタッフレビュー】babybuba 『アウトドア ボディスプレー』

だんだんと気温は秋めいてきましたが、まだまだ日差しと虫除け対策は欠かせませんね。 実は真 […] ……続きを読む

月の満ち欠けと人の体調の深い繋がり

みなさんは、普段の生活でどのくらい「月」を意識していますか? 都会に生活すると、なかなか […] ……続きを読む

【スタッフレビュー】 babybuba『UVプロテクト フェイス&ボディ SPF50+』

まだまだ暑い日が続きますが、段々とセミの鳴き声も落ち着いてきましたね。 秋が近づいて来る […] ……続きを読む

敬老の日に感謝を込めて贈りたい、オーガニックギフト

ページコンテンツ(目次)1 9月20日は「敬老の日」1.1 「敬老の日」は日本発祥の祝日 […] ……続きを読む

このページのTOPへ