特に気をつけたい入浴時。

入浴して毛穴を開かせてからパックをするといいとか
蒸しタオルやスチームで温めてから化粧水や乳液を塗ると
浸透率がアップするなどと言われていますよね。

その理由は、皮膚の温度が上昇すると皮膚吸収率が上昇するからです。

つまり、皮膚の温度が上がる入浴時は
逆に化学物質をいちばん吸収してしまうことになります。

一説には皮膚温度が10度から37度まで上昇すると
経皮吸収率は10倍になるとか。。
(※経皮吸収・・・皮膚から体外の物質を吸収すること)

しかも、
口から吸収する経口吸収は約90%の毒素を排出するのに対して
経皮吸収の場合は約10%しか排出できない
と言われています。

市販のシャンプーには
ラウリル硝酸Naなどの合成界面活性剤が多く使われ、
リンス、ボディソープ、入浴剤などにも
様々な化学物質が使われています。

だからこそ特に気をつけたいのが入浴時なんです。

毎日使うモノだから
シャンプー、ボディソープ、入浴剤などのアイテムには
なるべく安心できる天然のアロマや
オーガニックな有効成分を使ったものを選んでほしい。

本当にリラックスできるバスタイムを過ごしたいですね。

最新記事

脱プラスチック!注目素材の”竹”でサスティナブルな生活を

持続可能な社会のために「脱プラスチック」をすすめる動きが世界で広まっています。そんな中、 […] ……続きを読む

おウチ時間にアロマ(精油)を、香りがもたらす良質時間

日常の質を向上させる可能性がアロマにはあります エッセンシャルオイルは、植物が本来持つ効 […] ……続きを読む

免疫力を上げる方法とインナーケアアイテム

感染症にうち勝つためには身体の内側からケアしていく「インナーケア」が大切です。日々の習慣 […] ……続きを読む

バレンタインに男性に贈りたいオーガニックアイテム

2月14日はバレンタイン。気になる彼やいつもお世話になっている方へのプレゼント探しはワク […] ……続きを読む

このページのTOPへ