その習慣、見直してみませんか?  LastObject で始めるサステナブルな生活

ちょっとしたメイク直しに 綿棒 を使う人は多いのではないでしょうか。ドラッグストアに行けば手に入る 綿棒 は、大容量かつリーズナブルなので心おきなく使うことができますよね。でも、繰り返し使える 綿棒 があったらどうでしょうか。あまりにも使い捨てることに慣れてしまっていて、「綿棒を繰り返し使う??」なんて驚きですが、使ってみたらそのよさにきっと気づくはず。今回は身の回りのシングルユース製品の使い捨てに疑問を感じ、ブランド設立に至った『LastObject』をご紹介します。

綿棒

無駄な習慣をポジティブなものへ

デンマーク王立美術院出身のデザイナーであるNicalas・Isabel 兄妹とKåreの3人が2018年に設立したLastObject。 綿棒 やコットンパフなど身の回りのシングルユース製品を使い捨てる毎日に疑問を感じ、使い捨てという無駄な習慣をポジティブなものへ変えることを決心し、ブランド設立に至りました。

2019年に初めての製品であるLastSwabを発表。使い捨ての 綿棒 は、紙や綿で作られていることから何度も使うことができません。何度も繰り返して使えるLastSwabをはじめとした LastObject の製品を使用することで、製造から輸送、使用そして最終的な廃棄に至るまでに発生するCO2も削減します。既に LastObject は180 億以上の使い捨て製品を救い出しましたが、LastObject のチャレンジはまだ始まったばかりです。使い易くデザイン性にも優れた製品を通じて、サステナブルな生活の実現を目指します。

◆Our Purpose 私たちの目的

LastObject は、世界に持続可能な選択肢を提供します。

◆Our Mission 私たちの使命

再利用が出来て持続可能な製品を作り出すことにより、使い捨ての製品を排除します。

・ZERO WASTE -ゼロウェイスト
再利用可能な代替品に切り替えて、環境に影響を与える大量の廃棄物を削減します。

・EASY TO CLEAN -お手入れ簡単
全ての製品はお手入れや保管も容易なので、毎日の生活にすぐに取り入れて頂けます。

・MADE TO LAST -使い続けるために
耐久性と品質は製品設計の一番のポイント。
LastObject の製品は数百回、数千回の使用に耐えます。

◆BRAND COLOR


 LastObjectの製品カラーは、海洋プラスチックによる汚染により、絶滅の危機に立たされている生物を表しています。

・Krill Peach
この色はオキアミの個体数の減少を表しています。オキアミは小さな生き物ですが、その衰退は生態系に大きな影響を与えます。オキアミ無しでは、他の海洋生物は生き残ることができません。

・Turtle Green
この色は絶滅の危惧に瀕している、ケンビヒメウミガメを表しています。他の多くの海洋生物と同様、ウミガメはプラスチックの廃棄物を食料と間違えて食し、消化器系の閉塞を起こしてしまいます。現在では500頭ほどといわれています。

・Penguin Black
この色は絶滅の危惧に瀕している、ケープペンギンを表しています。沈没した船舶から流れる石油や原油による汚染、巣の破壊・損失、餌となる魚の乱獲による食料不足、人間により持ち込まれた生物の被害により、生存が脅かされています。

・Dolphin Turquoise
この色はニュージーランドに生息し、クジラ目の中では最も小さな部類に属する、セッパリイルカを表しています。亜種であるマウイイルカは絶滅の危惧に瀕しており、世界で55頭しか残っていないと言われています。亡くなったシロイルカが岸に打ち上げられると

・Whale Blue
この色は絶滅危惧種のベルーガ(シロイルカ)を表しています。海洋汚染の増加により、多くのベルーガが犠牲となっています。亡くなったベルーガが岸に打ち上げられると飽和状態になり、死骸を「有毒廃棄物」として処理する必要があります。

たかが 綿棒 と侮れない理由


毎日何気なく使っている 綿棒 、実は毎年5,500億本が製造・販売されているのはご存知ですか?そして2億2,000万kgの二酸化酸素も排出しているのです。あまりに大きい数字なので具体的に想像するのは難しいかもしれませんが、二酸化炭素1kg=人間が1日に吐き出す二酸化炭素量(出典:地球環境研究センター)ということから、とてつもない量であることが分かりますよね。

また、海洋から発見されるプラスチックの1〜5%が綿棒であり、綿棒 を作るために使われるティッシュペーパーは毎年6,480億枚! 製造にあたっては年間2,800本もの木が伐採され、製造から販売まで含めると7億6,100万kgにものぼる二酸化炭素が発生しているといいます。こんなに小さなアイテムながら、地球に少なくない悪影響を及ぼしている綿棒。この現実を知ったら、綿棒 を使う手が止まる方も多いのではないでしょうか。

amasia organic storeで取り扱っているプロダクト

LAST OBJECT SWAB BEAUTY TURQUOISE
メイクアップ・メイク直し・塗り薬の塗布におすすめの 綿棒。一方は丸く、一方はシャープな作りになっていて使い勝手がいいのが特徴。繰り返し洗って使えます。

LAST OBJECT ROUND パフ TURQUOISE
メイクオフや化粧水のパッテングに便利なパッド。繰り返し使うことができて、使った後は洗濯機で洗うことができます。

LAST OBJECT ランドリーバッグ スモール
洗濯の際にマイクロプラスチックを出さないコットン製のランドリーバッグ。大きいサイズもあります。

色違いやほかの商品はこちらをどうぞ。

実際にスタッフが使用してみました!

耳用ではなく、メイクに使用するこちらの 綿棒。少し先が尖った方は、細かなアイメイクやメイク直しの時に大活躍!丸みがある方はアイラインをぼかしたりするときだけでなく、それなりの大きさがあるので顔のツボ押しやマッサージにもいい! 肌あたりも柔らかで、使い心地も◎です。専用ケースがあるので持ち運びもできる上、専用の鏡(別売)もつければ外出先でもササっと使うことができますよ。プロダクト自体の色も綺麗で、この色が生まれた背景を知るとより愛着が湧きました。

また、塗り薬を塗る時は丸みがある方で。私には幼い娘がいるのですが、ちょっとした怪我や皮膚の炎症はしょっちゅう。この 綿棒 を使って塗り薬を塗りました。小さい時、病気や怪我をすると、身近な大人がやさしくお手当してくれた記憶がある方も多いと思います。お子さんが怪我をした時などにこの商品を繰り返し使うことで、お手当をしてもらったあたたかな記憶とともに、使い捨てをしない、物を大事にする心も子どもの中に育つといいなと思いました。

小さくても、まずは一歩を踏み出してみよう!


海洋プラスチックの問題は本当に待ったなしの状態です。1本の 綿棒 というと、小さな一歩に感じるかもしれませんが、まずは自分ができることからサステナブルな生活を始めてみませんか? その一歩から興味関心が広がれば、思ってもいなかった心地よい生活に気づくことができるかもしれません。

【あわせて読みたい】

1000円以下で誰でも始められる サステナブル な暮らし|エコな暮らしはお金がかかる!を覆すアイディア

最新記事

7月29日は一粒万倍日と天赦日と母倉日と大安が重なる最強 開運日 !運気アップのための過ごし方

一年に数回あるとされている最強 開運日 。2024年は4日あるとされ、そのうちの一つが7 […] ……続きを読む

4大ゲート

ライオンズゲートだけじゃない。宇宙からのエネルギーを受け取るための 4大ゲート とは

7月下旬から8月上旬にかけて開くといわれるライオンズゲート。一年のうちでも最も大きい宇宙 […] ……続きを読む

プラスチックの蓋の集合

「 プラスチック ・フリー・ジュライ」でエコ チャレンジ!身の周りのプラスチック製品を見直してみる

プラスチック ・フリー・ジュライ(Plastic Free July)という言葉をご存知 […] ……続きを読む

デオドラントのイメージ

暑い夏を快適に過ごしたい!オーガニック制汗剤& デオドラント で汗ばむ季節のニオイケア

暑くなってくると気になるのが自分のニオイ。汗をかきやすい部分のニオイは特に気をつけたいも […] ……続きを読む

このページのTOPへ