シダーウッド(アトラス)精油の効果・効能

甘さとスパイシーさを併せ持つドライな香り

シダーウッド精油にはマツ科由来のものとヒノキ科由来のものがあります。マツ科由来のシダーウッド精油はアトラスシダーウッドやホワイトシダーと呼ばれ、ヒノキ科由来のシダーウッド精油はバージニアシダーウッドやレッドシダーと呼ばれています。
アトラスシダーウッド(ホワイトシダー)はモロッコとアルジェリアにあるアトラス山脈が原産です。バージニアシダーウッド(レッドシダー)はアメリカが原産でジュニパーに近い品種です。アロマテラピーにおいてシダーウッド精油といえば一般的にはマツ科のアトラスシダーウッドをさします。
古くから神殿やミイラを作る際に使用され、神聖な樹木として扱われてきました。ヒノキに似た香りを持ち、サンダルウッドよりもややドライで甘さとスパイシーさのある複雑な香りです。

スタイリングだけでなくツヤやまとまり、頭皮環境まで整えるヘアミスト

基本データ

学名 Cedrus atlantica(ケドルス・アトランティカ)
和名 アトラススギ
科名 マツ科
採油方法 水蒸気蒸留法
抽出部位
主な産地 モロッコ
主な芳香成分 セスキテルペン炭化水素類:β-ヒマカレン(40~50%)、α-ヒマカレン(10~20%)、γ-ヒマカレン(10~15%)、α-セドレン(~5%)
セスキテルペンアルコール類:セドロール(~5%)
ケトン類:アトラントン(~5%)
主な作用

心への効能

鎮静作用があるため不安や緊張でこわばった心をほぐしてくれます。スパイシーさのある香りが脳を活性化してくれるのに役立ちます。やる気が起きないときや注意力散漫で勉強や仕事に集中できない時に頭をリフレッシュさせやる気と集中力を高めてくれます。

身体への効能

リンパの流れを良くする作用があるためむくみやセルライトを改善するのに役立ちます。殺菌作用や去痰作用、咳を鎮める効果があり、風邪などで呼吸器系の症状がつらいときにも有効です。また、腎臓を強くする作用もあるため泌尿器科系の感染症などにも効果が期待できます。

肌への効能

殺菌作用によって、ニキビを予防したりできたニキビの治りを手助けしてくれます。収れん作用があるため皮脂の分泌を抑えて毛穴の開きを改善したり、頭皮においてはフケを防いで脱毛症を緩和したりする効果が期待できます。

関連するアロマ(精油)

シダーウッド(アトラス)配合オーガニックボディ&ヘアケア商品


  • La Fleur
    オーガニックエッセンシャルオイル シダーウッド・アトラス 3ml

    日本で初めてECOCERT(エコサート)認定を取得した、オーガニックエッセンシャルオイル。ウッディーで甘さと深みを感じる香り。


  • PERFECT POTION
    バズオフ ブレンドエッセンシャルオイル 12ml

    虫が好まない香りのシトロネラ、ユーカリ、ペパーミントなどの精油をブレンドした精油


  • meraki バーソープ SS セサミスクラブ

    高保湿なセサミ(ゴマ)配合、スペアミントの涼しい香りのバーソープ


  • ROSE DE MARRAKECH
    クレイパック〈フェイシャルパック〉

    モロッコ美容から生まれた、クレイマスク。天然ガスール(粘土)で、毛穴レスのすべすべ肌に


  • PERFECT POTION
    ブリーズイージーバーム 30g

    オーガニック成分高配合のアロマバーム。鼻の下に塗り込むと鼻やのどなどの呼吸器系の不快感がスーッと楽になります。


  • PERFECT POTION
    アウトドア ボディスプレー エクストラ 125ml

    シトロネラ、ペパーミント、ユーカリ、ティーツリー、シダーウッドなど、天然成分100%の虫除けスプレー。

シダーウッド(アトラス) の香りが楽しめる。シダーウッド(アトラス)の精油が配合されているオーガニックボディケア・ヘアケア・シャンプーはこちら

ご注意点&免責事項:アロマセラピーは医療ではありません。アロマオイル(精油)について書かれていることについての免責事項・ご注意事項について。


最新記事

今から始める秋前のヘアケア対策

夏の紫外線、汗、皮脂が秋の抜け毛やダメージの原因になることはご存知ですか? 秋は一年の中 […] ……続きを読む

敬老の日に送りたい「オーガニック」な贈り物

2020/09/21は敬老の日。毎年何をプレゼントしようか迷っていませんか。 シルバー世 […] ……続きを読む

コロナストレス..アロマで解決しませんか?

子供も大人も少なからず感じているコロナ禍のストレス。眠れなかったり、イライラしたり、不安 […] ……続きを読む

“素材”にこだわった、エコで丁寧な暮らし

大量生産大量消費の時代が今見直され、プラスチック問題や海洋汚染が問題視されています。今こ […] ……続きを読む

このページのTOPへ