界面活性剤の種類

界面活性剤とは、水と油をまぜあわせるために使う原料のこと。

水と油を溶け合わせるという性質を利用して
一般的な洗浄剤や、クリームや乳液の乳化剤、
他にも、保湿剤、紫外線分散剤などとしても広く利用されています。

界面活性剤は大きく分けると3種類あります。

1. 天然界面活性剤【アルカリ性】
レシチン、サポニン、カゼイン、リン脂質、ペプチドなど。
天然にも界面活性剤としてはたらく物質は数多く存在します。

2. 天然系(合成)界面活性剤【アルカリ性】
石鹸系、たんぱく質、コラーゲン、脂肪酸エステル系など。
(表示成分:ラウリン酸Na、ラウリン酸スクロース、ココイルグルタミンン酸Naなど)

3. 石油系(合成)界面活性剤【弱酸性~中性】
高級アルコール系、アルキルベンゼン系、アルファオレフィン系など。
(表示成分:ラウレス硫酸Na、ラウリル硫酸Na、アルキルベンゼンスルホン酸Naなど)

界面活性剤のうち、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムを「石けん」
それ以外の界面活性剤を合成界面活性剤と呼びます。

危険とされるのは、この中でも石油系の合成界面活性剤のこと。
約200種類以上あると言われています。

最新記事

脱プラスチック!注目素材の”竹”でサスティナブルな生活を

持続可能な社会のために「脱プラスチック」をすすめる動きが世界で広まっています。そんな中、 […] ……続きを読む

おウチ時間にアロマ(精油)を、香りがもたらす良質時間

日常の質を向上させる可能性がアロマにはあります エッセンシャルオイルは、植物が本来持つ効 […] ……続きを読む

免疫力を上げる方法とインナーケアアイテム

感染症にうち勝つためには身体の内側からケアしていく「インナーケア」が大切です。日々の習慣 […] ……続きを読む

バレンタインに男性に贈りたいオーガニックアイテム

2月14日はバレンタイン。気になる彼やいつもお世話になっている方へのプレゼント探しはワク […] ……続きを読む

このページのTOPへ